営業力を上げるなら評判が高いsansanのツールを使おう

男女

SNSを利用した戦略

男性

SNSを利用したCRMツールの活用で企業のビジネス戦略は大きく変化しています。新しい顧客の発掘と生の顧客の情報を得られる手段に利用されているのです。そのため、SNSを効率的に活用する企業が増加しているのです。

業務の効率化に貢献

男性

スキャンの正確さに定評

sansanの名刺管理システムを導入した企業数は既に5500社を突破しています。導入企業名を見てみると、メガバンクや不動産会社、鉄道会社や製薬会社など世間の評判が高い超大手企業がずらりと名を連ねており、法人営業のツールとしてsansanの名刺管理システムがビジネスの第一線で活用されていることがわかります。sansanの名刺管理システムが法人営業担当者の間で評判となっているのには、いくつかの理由があります。名刺をスキャンするだけで、あっという間に名刺に印刷された内容をデータベース化できるため、業務の効率化につながります。名刺には取引先企業の名前や住所、電話番号にファックス番号、メールアドレスなどたくさんの情報が記載されていますが、これらの情報を手動でデータベース化するにはあまりにも時間がかかってしまいます。企業の営業担当者は、毎日たくさんの名刺交換を行うため、月に50枚以上、多い人になると月に100枚以上の名刺を集めることも珍しくありません。大量の名刺をデータ化するために、キーボードを使ってコツコツと情報を入力していては膨大な時間がかかってしまいます。しかし、精度の高いと評判のsansanの名刺管理システムなら、実に99.9%以上の正確さでスキャンによる情報のデータ化が可能です。各営業担当者が集めた名刺の情報をデータベース化して、営業部全員で共有することで、売上を伸ばしている企業もあります。従来の名刺管理ツールでは、スキャンによるデータ認識に間違いが多いという欠点がありましたが、sansanの名刺管理ツールはその欠点を克服しています。sansanの評判が良いのは、スキャンによる認識が正確で、手動での訂正作業がほとんど不要なためです。

データの蓄積で営業アップ

PCを操作する人

SFAは営業支援システムとして、日本でも浸透してきております。SFAの最大の特徴は、顧客データの管理と売り上げレポート機能です。導入にかかる費用は、1ユーザー当たりの単価や使用する容量毎に価格が設定されております。SFAの導入により、より明確な経営ビジョンを示すことが出来ます。

見やすいマニュアルづくり

社内

企業内でマニュアル作成を行なうことも可能ですが、細かい部分のミスを防ぐためにもマニュアル制作会社に依頼するようにしましょう。そこでは技術者、翻訳者が商品に応じたものをしっかりと作ってくれます。